Welcome to my blog

日々の珠

Jazz Singer西川珠香子のblogです。スケジュールや日々の事を。

 音楽のジャンル

先輩のblogに同感し、私もこんなblogを。

私は今ジャズをメインに歌っているシンガーです。
ただ音楽はいいと思ったものはなんでも聞くし、歌います。

私の音楽経歴をいうと…
幼少時代…ピンクレディ
小学低学年…童謡、ボストン留学していた親戚のお兄さんにエレピを貰いピアノに目覚める、が、未だに下手くそ。
小学生高学年…中森明菜(カラオケ教室にちょっと通って歌ってた)
中学生…光GENJI、渡辺美里(永遠の私の憧れです)
高校生…渡辺美里、クラシック、カーペンターズ
大学生…クラシック、ゴスペル(正に天ラブにハマった)、キャロルキング(かなり衝撃受けました)ベッドミドラー
卒業後…クラシック、ゴスペル、ジャズ(なんだかんだエラ好き)

大まかですがこんな感じ。なんともこだわりのない流れ。自分で呆れます(笑)
ジャズ歴が一番短いのです。まぁ自分が楽しかったらなんでもよかったわけです。卒業文章や夢を書く場面では大抵『歌手』と書いてましたから。なんの根拠もなく。

今は偶然の出会いであるジャズを歌ってますが、もしめちゃくちゃ可愛いかったらアイドルを目指してたかもしれないし、素敵なオリジナルを作れる才能があったらシンガーソングライターを目指していたかもしれません。オペラ歌手も夢見たことあるし。

でもすべて出会いと縁で、今ジャズという世界にいます。
なぜここにいるんだろうと考えると、面倒臭がりやの私の性格にあってたんでしょうね。
簡単という意味ではなく
ルールの中の自由という部分で。

でもジャズに出会ってから、私の音楽に対する考えは間違いなくかなり広がりましたね。
それこそジャンルという壁が崩れた気がします。


ジャズファンの方から言わせてみたらきっと私はまだまだジャズをわかってないよなぁと思われるでしょう。
でもそう言われると一体ジャズの定義ってなんですか?

私がわかってない(笑)

だからいいと思うのは歌います。
もちろんお店の考えもあると思うからその辺は考慮しながら。

だってスタンダードと言われるものも元はミュージカルや映画音楽。楽器の人だってそれを選んで演奏してる。
日本人だし日本語の歌も大事にちゃんと歌いたい。
あるベテランピアニストはMISIA弾きますよ。素敵じゃないですか。


ただ、こうやってジャズのお店でジャズが好きだから歌わせていただいてる限り、お金をいただいてる限り、好みは別として、最低限のシンガーとしての在り方を把握して歌っているつもりです。

といいつつも、これがまだまだやらなくちゃいけないことがあって、私大丈夫か?と自分に問いただしていますが、それも嫌いじゃないだなぁ。
(笑)

それが楽しい。


何がいいたかったかというと、とにかく好きなものは好きということ。
ジャンルを越え人種を越え、いいものならいろんな音楽に携わりたいということ。
それを私が歌うか歌わないかは別として。
実力的に精神的に歌いたくても歌えないものもありますからね。



だから食わず嫌いでなく試しにジャズ、試しにクラシック、芸術の秋ですしいかがでしょ?


という話しでした。


ただの独り言です。
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment