Welcome to my blog

日々の珠

Jazz Singer西川珠香子のblogです。スケジュールや日々の事を。

 帰ってます。

今ぐりふぉれ屋から帰る電車の中。

今日のライブを決めた後もニュースを見ながらこの決断はよかったのだろうかと気持ちが揺れました。

節電しないの?
遠いしなぁ。
他のイベントは中止してるよ。
帰り大丈夫?
余震まだあるよ。
確かに…。
mixi上でミュージシャン仲間がライブ中止やら決行やらのお知らせをupして行く中いろいろ考えてしまった。

もちろん、交通事情やお店の考えで止めざる得ない状況もあったでしょう。それは仕方ない。

今回はぐりふぉれ屋のオーナーが私に決断を委ねてくれました。

電車OK!節電私がうちを出れば1戸分OK!
余震、うちにいても危険は同じ。
お客様…こればかりは無理は言えない。それはお店や若Pにも了承してくれたので後は私が行くのみ。

いろんな考えはありますが、普通にたまたまあった予定をこなしたかったのです。
うちでニュースを見ているだけでは何もならない。歌で何が出来るかわからないけどもしお客様が心細くてお店に来て音楽聴いて活気溢れてくれるかもしれない。

ネットやテレビの情報が正しいとしても正直ずっと見てる方が辛いです。
だから自分自身の為でもありました。

お店に入るといつものぐりふぉれ屋夫妻と若Pが。なんかこんな時に集まれただけでうれしい。

結局、
9時までお店に居ましたがお客様は来ませんでした。それでずっといるのもなんなので帰る準備。
でも話しが中々終わらない。(笑)

お客様が来なかったのは残念?普通の判断でしょう。
昨日の今日ですからね。

今でもこの判断がお店にとってよかったのかわからないけど、私自身は決行してよかったと思ってます。
みんなに会えて自分がホッとしたし、行かなかったら後悔してたかも。

ただ一つ後悔は、話しに夢中で歌うの忘れたこと(笑)
一曲くらいお客様いなくても歌えばよかった。
オチではないよ。


どんなことでも何が正しいのかこの状況判断がしにくいですね。
チェーンメールなんてのも何年振りかに来て内容的に私は信じてしまい何人かにそのメールを送ってしまいました。

それに対して
「自分でちゃんと調べて判断しろ」だの「よく考えればわかるだろ」とかmixiや掲示板に。
安易に信じてしまった私は浅はかで申し訳ないですが、みんな少しでも災害にあって欲しくない思いは一緒です。最初にこのメールを送った人のいたずらかもしれない、もしかしたらその時ほんとにそう思って書いたのかもしれないよ。
みんな何かしないと落ち着かないのです。だってこんなこと慣れてないもの。慣れたくない。

そんな批判する前に、物資配給、募金、しましたか?私は僅かですが募金したよ。

そして、あんな地震があって被災者がたくさん出てる中、私は生きているのです。被災者の方には不謹慎かもしれませんがありがたいことなんです。食事も水もある。交通も大丈夫、うちだってある。歌も歌える。こんなに幸せなのになぜそれをまずありがたく思わないのでしょう。
生きているからこそ今出来ることからコツコツ無理せずやりましょう。
それも今日私がライブを決行した理由でもあります。

喧嘩したりネガティブになってはよくないと私は思う。


被災者も救助に行ってる人も寒い中、不安な中、想像以上に大変だと思います。想像出来ません。一人でもちょっとでも被害がこれ以上広がりませんように。

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment